日々のかけら

usakodaily.exblog.jp

久しぶりに購入のデニムパンツ

a0223782_16331557.jpgここ数年、太めのストレートやワイドのパンツを買うことが多くて新鮮味がない。
気分を変えたいので、今までとちょっとだけ違う雰囲気のものを選ぶ。
この「ちょっとだけ」というのが大事。
全然違うものを選ぶと、買ったはいいけどいざ穿く時に気後れしてして、
結局出番が少なくなる可能性大。だからちょっとだけ違うのを選ぶ。

色は使いやすいネイビー。形はストレートなのだけど、足首に向かって気持ち細くなってる。
今まで穿いていたデニムパンツより、股上が深めでトップスをインしてもスッキリ見える。

そこそこ長く穿きたいから、これ以上太らないようにしないとなぁ(^^;)

[PR]
# by daily-fragment | 2018-02-14 16:58 | ファッション | Comments(0)

各種とりそろえてます

a0223782_13251867.jpg色々な本のサイズに合わせてカバーを買っていたら、どんどん集まってしまった(^^;)
本屋さんで掛けてくれる紙のカバーがあまり好きじゃなくて、色々試した結果、
革のものがしっくりきた。
今ではもう革のカバーを着けないと、なんとなく落ち着かないのです。

一番右のものはセミオーダーして、出来立てホヤホヤ。
どれも一緒に見えるかもしれませんが、ひとつひとつ仕様が違ったり、革の質感が違ったり。

電子書籍も便利なのでしょうけど、私はやっぱり紙の本が好きです。
お気に入りの本に、お気に入りのカバーを着けて何度も読む。愛着が湧きます。


[PR]
# by daily-fragment | 2018-01-27 13:38 | 革製品 | Comments(0)

読書メモ

毎日寒い日が続きますね。
私が暮らす雪が少ない仙台海沿い地域でも、20~30cmは降ったかなぁ。
寒いし、インフルエンザも流行ってるし(今シーズンは予防接種を受けてない!)で、
外出をなるべく控えてます。普段以上に籠って読書ばかりしてます。
今年の目標に「運動量を増やす」と掲げたそばからこれです(笑)

荒神 宮部みゆき(新潮文庫)
ドミノ 恩田陸(角川文庫)
書店主フィクリーのものがたり ガブリエル・ゼヴィン(ハヤカワepi文庫)
ネバーランド 恩田陸(集英社文庫)
リバース 湊かなえ(講談社文庫)
おもかげ橋 葉室麟(幻冬舎時代小説文庫)
おとぎ話の忘れ物 小川洋子(ポプラ文庫)
あなたは、誰かの大切な人 原田マハ(講談社文庫)
星の王子さま アントワーヌ・ド サン=テグジュペリ(集英社)
幸せなひとりぼっち フレドリック・バックマン(ハヤカワ文庫NV)
注文の多い料理店 宮沢賢治(角川文庫)
レモンの図書室 ジョー・コットリル(小学館)
踊る猫 折口真喜子(光文社時代小説文庫)
恋する狐 折口真喜子(光文社時代小説文庫)
アキラとあきら 池井戸潤(徳間文庫)
オオカミを森へ キャサリン・ランデル(小峰書店)
雪の練習生 多和田葉子(新潮文庫)

読んだ本の数はまぁまぁ多い。児童文学か何冊かあったから、文字数が少ないせいか。
今月は翻訳ものをけっこう読んでる。翻訳ものは苦手なのですが……
翻訳ものにも名作と呼ばれるものも沢山あるし、読んでおきたいものもけっこうあるので、
慣れておこうかなぁなんて思って、少し意識して増やしてる。
でもやっぱり、まわりくどい表現とか、日本人の感覚では受け入れにくい比喩とか、苦手です(^^;)


[PR]
# by daily-fragment | 2018-01-27 08:49 | | Comments(0)